ターゲットの絞り方を考えてみよう!

こんにちは しばたみかです。

さて、今回は、あなたの、おうち教室の生徒様になるかもしれない、未来の生徒様を、どよのうに絞っていくか、いわゆる『ターゲットの絞り方』についてのお話しです。

あなたにとって、教室に来てもらいたいな〜と思う生徒様は、どんな方ですか?

まず、ご友人や、親戚の方等の実在する人を想像してみてくださいね。

実際に教室に通ってくださっている生徒様がいらしたら、その中のどなたかを思ってください^^

 

 

はい^^

それでは、その人は、実際にどんな方なのか、それを具体的に絞っていきます。

この作業が、教室の生徒様の『ターゲットを絞る』という、重要な作業になリます。

まず、うっかり、やってしまいがちなターゲットの絞り方から・・^^
実は、私も以前やっていました ><)

それは、ターゲットを、性別や年齢、職業、家族構成、趣味などの「属性」だけで絞ってしまう方法です。

例えば、

・30代から40代の独身女性で、商社勤務、休みの日にはショッピングや映画鑑賞をたのしんでいる人。
・40代の専業主婦で、小学生のママで、日々いろいろな趣味をたのしんでいる人。

などなど。

確かにターゲットは絞れており、そこに属する人たちに「刺さる」ブログタイトルなどを考える事ができそうです。

しかし、ターゲットから漏れたさらに多くの人々は放っといてもよいのでしょうか^^
絞ったターゲットの中に、あなたの教室に来たいと思ってくれる人は、そのターゲットでは拾い切れていないかもしれません。
それでは、こちらの絞り方はいかがでしょうか。
・ご自宅で家族や友達の為に、おいしくてかわいいお菓子を作れるようになりたい人。
・家族やご自身の健康の為に、食事管理が出来るようになりたい人。
などなど。
こちらは、願いや、悩みなどがあり、それを解決してもらいたいと欲している人を、ターゲットにしています。
年齢も、性別も、職業もこちらからは選んではいません。
こうなりたいという相手の『想い』だけで絞っているのですね^^
大事なのは、最初に「属性」を選ぶのではなく、教室の場合、「想い」で絞るという事なのかなって思うのです。
つまり、あなたが、「こうなりたい」という事を叶えることができる人が、ターゲットになるという事なのですね^^
教室に来てほしい生徒様、言い換えれば、あなたの教室のターゲットは、あなたが、叶えてあげる事が出来る『願いや、解決の手助けが出来る『悩み』を持っている人を絞って、その後で、今回は、この属性を加えるというような手法がいいのかな・・と思うのです。
決して「属性」だけで絞ってしまわない事がおススメです^^
みかまるより